脊柱管狭窄症で病院にも見放された痛みが驚きの変化をみせる骨格・骨盤矯正法!!

東海村、那珂市、日立市、ひたちなか市、常陸太田市からも通院しやすい

ますやま整骨院 院長の増山です。

 

本日は、久しぶりの更新になってしまいましたが、脊柱管狭窄症についてお話しします。

 

このブログにたどり着いている方は既にご存知かもしれませんが脊柱管狭窄症とは、背骨で作られる脊柱管という神経の通るトンネル部分が狭くなり、神経が圧迫されることで痛みや神経症状が出るものを言います。

 

腰の部分で痛みが出たり、両脚に痛みや痺れがでますが、特徴的な症状のひとつに「歩いていると次第に両脚が痺れてくる」というものがあります。

 

背中を丸めしゃがんで休憩すると症状が治まり、また少し歩けるようになると言った具合です。

 

脊柱管内が狭くなる理由としては、背骨にかかる負担のせいで背骨の一部が潰れてしまったり、脊柱管内にある靭帯が肥厚してしまったりすることで発症します。

 

なぜ、上記のようなことが起こるのか・・・???

 

それには理由があります!

 

加齢」の一言で片づけてしまう事は出来ません!!!

 

実は、背骨を支えている筋肉バランスが崩れることで、正しく背骨を支えることが出来なくなるため、背骨や周囲靭帯への負担が増加し、骨の変形や靭帯の肥厚が起こるのです!

 

病院や整骨院などの一般的な治療法だと改善させることが難しい脊柱管狭窄症ですが、当院の骨格・骨盤矯正法はたくさんの狭窄症の患者さまを症状改善させています!

 

先日来院された患者さまは、病院では手術も出来ないと言われ、周辺の接骨院などの治療院に3件以上まわっても全く変わらない(T_T)

 

知人の勧めで他県の有名治療院に通院することでようやく3割ほど改善されました。

 

通院に体力的にも金銭的にも負担が大きいので通院中の他県の治療院に紹介され当院に来院されました。

 

当院での治療1回目から症状は大幅に軽減し、7割ほど残っていた痛みは帰りにはゼロ(^^♪

 

症状が戻るのを防ぐためにもあと何回か通院してもらいますが、順調に改善しています。

 

このように、どこに行っても改善されないような腰部脊柱管狭窄症でも当院の骨格・骨盤矯正法では症状を改善させることが多くあります。

 

もし、あなたが手術をしようかお悩みでしたらその前に当院にご相談ください。

 

当院オススメの骨格・骨盤矯正法で今までに経験したことのないような身体の変化を実感出来ると思いますよ。