ばね指、腱鞘炎には骨格・骨盤矯正法がおすすめ!!

東海村、那珂市、日立市、ひたちなか市、常陸太田市からも通院しやすい

ますやま整骨院 院長の増山です。

 

今日は、ばね指(腱鞘炎)についてお話しします。

 

ばね指とは、指を曲げる時に働く筋肉(腱)が狭いトンネル状の組織(腱鞘)を通る時に摩擦刺激により腫れ、引っかかるようになる傷病です。

上記の図では、手首の腱鞘炎ですが、指にも同じ構造が存在し、同じ機序でばね指が発症します。

 

一度発症すると、手首や指の曲げ伸ばしは頻繁に行う部位なので、なかなか安静を保つのが難しく治るまでに時間がかかります。

 

また、ホルモンの関与で身体の炎症コントロールが上手できない年齢、体質の方は、大した負荷でなくても発症しますし、治りにくい傷病です。

 

一般的に、病院では、湿布と「出来るだけ使わないで」と言われる事が多いようですが、手を使わずに生活するのは非常に難しいんですよね(^^;)

 

他の接骨院では電気治療と手や腕のマッサージで様子をみることが多いですが、この方法でも症状を完治させるのは難しいんです。

 

現に私も修行時代は電気とマッサージで治せず苦労しました。

 

ですが、今では、骨格・骨盤矯正法という手法で身体全体からバランスを整え自己修復能力を最大限に高める方法で多くの方を治すことが出来るようになりました。

 

手の怪我と言えど、肘や肩、腰や膝なども手の動きに影響し症状の改善を阻害してきます。

 

逆に身体全体からバランスを整えると手を治療せずとも自然と痛みが改善されるんです!

 

もし、病院や他の治療院などで改善されないばね指、手首の腱鞘炎などでお困りでしたら当院にご相談ください。

 

当院オススメの骨格・骨盤矯正法で今までに経験したことのないような身体の変化を実感出来ると思います。