産後は骨盤の歪みだけではない!?

東海村、那珂市、日立市、ひたちなか市、常陸太田市からも通院しやすい

ますやま整骨院 院長の増山です。

 

今日は、産後の骨盤矯正の必要性についてお話しします。

 

産後は、身体の不調や体型の変化などから骨盤の歪みが気になりますよね。

 

巷では「骨盤の歪み」が産後の女性の天敵とうたわれていますが、あまりに骨盤に執着しすぎて骨盤以外の身体の歪みを見落としていませんか?

 

え!骨盤だけじゃないの???と思われるかもしれませんが、実は骨盤だけではないんです(^^;)

 

そもそも骨盤の歪みが出る要因の一つに妊娠中のホルモンの関与がありますが、そのホルモンは分娩時に産道が広がりやすくするために骨盤をつなぎ合わせている靭帯を緩める働きがあります。

 

ホルモンは骨盤だけでなく血流に乗って身体全体に運ばれる為、骨盤以外の靭帯にも影響を及ぼします。

 

そんな中、育児で身体に負荷がかかると筋肉バランスの悪い部分は靭帯のサポートが無い為、いつも以上に大きい負荷となってのしかかってきます。

 

泣き止まない子供を抱っこし続けたり、授乳で前屈態勢を長時間強いられたり、重い荷物を沢山持って外出すれば身体は悲鳴をあげます。

 

常に色々な負荷が色々な部分にかかってくるので骨盤以外の部分にも歪みが生じます。

 

身体の中心にある骨盤が重要なのは間違いありませんが、他の部分も実は大事なんです。

 

当院では、産後の方に骨盤矯正の依頼を受けますが、骨盤だけでなく身体全体の歪みをチェックします。

 

ですので身体の歪みが改善されるスピードが骨盤矯正だけに比べると格段にアップします。

 

もし、産後の身体の歪みが気になる方は、当院オススメの骨格・骨盤矯正法を受けてみてください!!

 

今までに経験したことのないような身体の変化を実感出来ると思います。