四十肩・五十肩で痛くて挙がらない人はここが原因!?

東海村、那珂市、日立市、ひたちなか市、常陸太田市からも通院しやすい

ますやま整骨院 院長の増山です。

 

今日は、四十肩・五十肩による肩の痛みについてお話しします。

 

四十肩や五十肩になると腕を挙げる動きで痛みが出たり、腕を後ろにまわす動き(エプロンの紐を結ぶ動き)で痛みが出ることが多いのですが、病院に受診すると「骨には異常無いですね」と言われ湿布で様子をみるけど良くならない、、、、

 

そんなんでお困りの方も多いと思います(^^;)

 

四十肩・五十肩はどんな傷病なのか?

 

痛みの原因が何なのか?

 

きちんと説明を受けましたか?

 

病院だと診療時間の問題などから、それらの説明を受けることなく診察、治療が終わってしまうと思うので今回は四十肩・五十肩はどんな傷病なのか?というところと原因について説明したいと思います。

 

まず四十肩・五十肩は正式な傷病名ではありません。

 

痛みの部位や損傷組織の部位などにより肩関節周囲の筋肉の損傷からくる「腱板損傷」や「上腕二頭筋腱炎」「肩峰下滑液包炎」などなど細かく細分化されています。

 

損傷部位が特定できない場合は「肩関節周囲炎」などと呼ばれます。

 

また、関節内部にカルシウム成分が集積して石灰化がおこり関節の動く範囲に制限がかかる場合もあります。

 

このように四十肩・五十肩と言っても色々なタイプに分かれることが分かりますよね。

 

タイプによって治療内容も変わりますし、症状の改善速度も変わります。

 

当院ではタイプ別に症状の原因や重症度、改善するまでの期間をお伝えしています。

 

また、一人一人の傷病のタイプや身体のバランスを診て治療内容を考え提供していくので症状の改善速度が劇的に早まります。

 

もし、貴方が病院や他の治療院で肩の痛みが改善せずお困りでしたら当院にご相談ください。

 

当院オススメの骨格・骨盤矯正法で今までに経験したことのないような身体の変化を実感出来ると思います。