外反母趾をサポーターに頼らず治す方法!?

東海村、那珂市、日立市、ひたちなか市、常陸太田市からも通院しやすい

ますやま整骨院 院長の増山です。

 

本日は、外反母趾についてお話しします。

 

悩まれている方も多い「外反母趾」。

 

外反母趾に対してサポーターで対処している方はいませんか?

 

サポーターが効果が無いわけではないのですが、対症療法に過ぎず根本から改善させるには違った視点からの治療が必要なんです。

 

そもそも外反母趾はどんな要因で発症するのか?

  • サイズの合わない靴やヒールの高い靴によるもの。
  • 骨格の遺伝的要因。
  • 足のアーチを保つ筋肉の機能低下。
  • 足以外の部分の筋肉バランスの問題。

これらの要因が一つもしくは、いくつかが重複して発症します。

 

症状として拇趾が外反変形(人差し指側に曲がってしまう)や親指付け根の腫れ、痛みなどがでます。

 

一般的に、病院ではヒールの高い靴を選ばないようにすることや外反母趾用サポーターを処方され様子をみるような感じではないでしょうか?

 

外反母趾サポーターは足骨格バランスを矯正できますが、いいポジションに保持出来てもサポーターを外せば元の良くない位置に逆戻り。

 

大事なのは、自分の筋力で足のアーチを保持し、自分の筋力で外反母趾を抑制、改善出来るようになることです。

 

決して、サポーターでは筋力の弱さを補てんしてくれません。

 

サポーターを装着していないと外反母趾を抑制できないままです。

 

当院の骨格・骨盤矯正法では、身体全体のバランスをチェックし、足の狂ったアライメント自分の筋力で復活させます。

 

サポーターに頼らず外反母趾を抑制かつ改善させることが出来るんです。

 

もし、あなたが外反母趾でお困りでしたら当院にご相談ください。

 

骨格・骨盤矯正法で今までに経験したことのないような身体の変化を実感出来ると思います。