病院でも治らない野球肩は「ますやま整骨院」にお任せください!!

東海村、那珂市、日立市、ひたちなか市、常陸太田市からも通院しやすい

ますやま整骨院 院長の増山です。

 

本日は野球肩についてお話しします。

 

野球をやっていると心配なのが「野球肩」。

 

特にピッチャーをやっている人は経験したことも多いでしょう。

 

小中学生のうちは投球制限がありますが、レギュラーに選ばれるために子供が無理をして発症してしまったり、我慢している場合があります。

 

また、試合ごとの投球制限があっても、連日の別の大会で結局過剰な投球数になってしまい、肩を壊してしまう子供も少なくありません。

 

そんな野球肩の病院での対応は、安静指導と湿布などによる場合がほとんどです。

 

軽度の場合、一定期間の安静で症状が改善するでしょう。

 

ただし、練習量に戻ると痛みも戻ってしまう場合も多々あります。

 

痛みが戻ってしまう、もしくは痛みが改善すらされない場合は、痛みを出す原因が解決出来ていないから繰り返すんです。

 

その原因を探し出し、改善させる方法に当院の骨格・骨盤矯正法がおすすめです!!

 

身体全体のバランスをチェックし、痛みの本当の原因を探し出し、治療します。

 

痛みが再発しないようにセルフメンテナンス指導も行っているので最短で症状が改善します。

 

当院には野球肩やバドミントン、テニス、バレーボールなどのオーバーハンドでの肩を振る動作痛の患者さまが毎日のように来院します。

 

ほとんどの方が数回の治療で症状改善し練習復帰を果たしています。

 

病院や接骨院などに行っても改善されない野球肩でお悩みでしたら当院にご相談ください。

 

当院オススメの骨格・骨盤矯正法で今までに経験したことのないような身体の変化を実感出来ると思います。