坐骨神経痛の本当の原因

東海村、那珂市、日立市、ひたちなか市、常陸太田市からも通院しやすい

ますやま整骨院 院長の増山です。

 

今日は、お困りの方も多い坐骨神経痛についてお話しします。

 

よく耳にする「坐骨神経痛」。

これを傷病名だと思われてやすいのですが、じつは症状の名前で坐骨神経領域に痛みや痺れが出ているものを坐骨神経痛と呼び、この症状をだす傷病には「ヘルニア」「すべり症」「腰部脊柱管狭窄症」「梨状筋症候群」などがあります。

 

風邪による「腹痛」みたいなものですね。

 

もし、ヘルニアだとすると腰の骨の合間にある椎間板が潰れて横にはみ出した部分が坐骨神経を圧迫し発症するメカニズムなのですが、実はヘルニアと病院で診断されても椎間板の問題ではなく筋肉バランスの問題から症状を発症している場合が非常に多いんです。

 

病院で腰部ヘルニアと診断され当院に来院された患者さまで「本当にヘルニアだった」場合は10人中1人いるかいないか程度の割合で、ほとんどの場合、筋肉バランスを整えると症状が改善してしまいます。

 

病院でヘルニアやすべり症などと診断されて治療を2週間以上受けても症状改善しない場合は、本当の原因が隠れていて、その部分を治療しないと症状が治まらないことがあるので、当てはまる方はお早めにご相談ください。

 

当院オススメの骨格・骨盤矯正法は驚異の症状改善率で今までに経験したことのないような身体の変化を実感出来ると思います。