野球部の身体のメンテナンス

東海村、那珂市、日立市、ひたちなか市、常陸太田市からも通院しやすい

ますやま整骨院 院長の増山です。

 

最近は野球部の学生さんが多く来院されているので運動部で強度の高い練習をしている人の身体のメンテナンスについてお話しさせていただきます。

 

部活動で中学生、高校生になってくると小学生の頃とは違い、身体レベルの向上とともに練習強度も高まり、強い部活動の場合より厳しい練習となってきます。

 

そんな中、皆同じような練習内容でも身体のバランスに問題のある学生さんは肩や肘、腰、膝などに痛みが出てきて練習が全力でできなくなります。

 

また、レギュラーから外されるのを恐れて、痛みを我慢しながら練習をしていると骨や軟骨にまで影響を及ぼし、選手生命に関わる怪我をします。

 

そんな環境でも本当に上手になる選手は怪我をしません。。。

 

それは何故か?!

 

 

それは!

身体の自己管理、メンテナンスを徹底しているからです!!!

 

怪我をせず練習を全力で取り組めれば、上手になりやすいですからね。

 

怪我をしていなくても当院に来院しながら身体の定期メンテナンスをしている学生さんもいます。

 

このような学生さんのほとんどは県大会上位、もしくは全国大会レベルです。

 

ホントに上手になる人は学校の練習だけでなく、自己管理や自主トレなどを必ずやっています。

 

逆に、学校での練習だけだと、いくら強豪校の練習内容でも上手くなる前に身体を壊すだけで素質があっても潰れてしまう方が多くいます。

 

先日は、野球の強豪高校の選手が遠路はるばる来院されました。

 

日頃の激しい練習から身体のバランスが多々崩れていました。

 

本人には身体のバランスと自分の弱点や強みなどを指導して今後の練習に気を付けるポイントを教えました。

 

後日、再来院した時には、主訴の腰痛は軽減していて帰る頃には痛みが完全に消失してました。

 

最後に自己管理とメンテナンスの重要性を指導して終了。

 

今後の彼の活躍に期待したいと思います。

 

もし、病院や接骨院、整体院などでも改善しない症状でお困りの方は当院にお気軽にご相談ください。

 

スポーツ選手が多々来院する治療院なので部活動での怪我に対しても、きっとお役に立てると思います。