テニスによる肘、肩の痛みは「ますやま整骨院」にお任せください!!


東海村、那珂市、日立市、ひたちなか市、常陸太田市からも通院しやすい

ますやま整骨院 院長の増山です。

 

今日は、テニスによる肘、肩の痛みについてお話しします。

 

テニスをやっていると多くの方が経験するテニス肘(外側上顆炎)。

 

肘の外側のでっぱり付近が痛み、ラケットでボールを打つたび痛みが強くなる、肘の曲げ伸ばしが痛くなるなどの症状が現れます。

 

もうひとつテニスをやっている人に多い傷病が肩の痛みです。

 

サーブやストロークの時に痛みが出てしまい、繰り返しラケットを振り続けると症状が悪化していきます。

 

安静にしていて痛みが治まっても、運動を再開すると症状も再発してしまう方が多いようです。

 

テニス肘や肩の痛みは肘や肩自体に原因がある場合もありますが、それ以外の部分にも問題がある事が多々あります。

 

例えば股関節の動きに問題があると、股関節部分で動きが制限され、その動きを周囲関節である腰や膝がカバーしようと助けに入ります。

 

助けに入った筋肉や関節は本来の仕事以外にも仕事が増えてしまうので、すぐに限界を超えてしまいます。

 

限界を超えた関節は動きが制限され更に周りの肩や肘の関節に負担がのしかかります。

 

なので肘や肩だけを治療しても改善しない方達はそれ以外のところに問題が残っているのです。

 

当院では、身体全体のバランスをチェックし、問題のある部分をひとつひとつ改善させていきます。

 

上記のように痛みをだしている部分とは離れた所を調整する場合も多いです。

 

本当の原因を治療していくので症状の改善も早く、戻りもほとんどありません。

 

先日来院された患者さまも肘と肩両方の痛みで近所の接骨院と病院に受診したけど改善されず当院に来ました。

 

少し時間が経っていたので症状が進行していましたが、2回目治療終了後には大幅に痛みが改善され関節の動く範囲も大きくなりました。

 

3回目の治療後から練習を再開してもらう予定です。

 

もし、貴方がテニスによる肘や肩の痛みでお困りでしたら当院にご相談ください。

 

当院オススメの骨格・骨盤矯正法で今までに経験したことのないような身体の変化を実感出来ると思います。