病院でも治らない手の痺れが即座に改善!!

東海村、那珂市、日立市、ひたちなか市、常陸太田市からも通院しやすい

ますやま整骨院 院長の増山です。

 

今日は手の痺れについてお話しします。

 

手の痺れを出す傷病は手根管症候群、頚部ヘルニア、胸郭出口症候群など様々なものがあります。

 

病院でレントゲンやMRI検査をすれば骨、軟骨、筋肉の状態はある程度わかるのですが、中には検査をしても異常が無く、処方されたお薬でも改善されない方が沢山います。

 

昨日、隣町から1時間近くかけて来院してくれた患者様もその1人。

 

病院で検査しても「骨や筋肉には異常なし」と言われ様子をみていたが3週間経っても一向に良くならず困り果て来院されました。

 

当院で色々と検査した結果、首の強い痛みと関節可動域制限、左腕から手にかけての痺れがありましたが、手の筋肉の問題が見つかり、早速治療。

 

20分後には痺れも無く、強い首の痛みも半減してました。

 

あと数回の治療は必要ですが、2週間後には完治していることでしょう。

 

当院にはこういった病院や他の接骨院、整体院などでの治療でも改善されず困り果て来られる方が数多くいます。

 

もし貴方も、どこに行っても良くならない手の痺れでお困りでしたら当院にご相談ください。

 

当院オススメの骨格・骨盤矯正法で今までに経験したことのないような身体の変化を実感出来ると思います。