6ヶ月の病院リハビリで改善しなかった腰部脊柱管狭窄症が、たった1回で改善!!

東海村、那珂市、日立市、ひたちなか市、常陸太田市からも通院しやすい

ますやま整骨院 院長の増山です。

 

本日は、腰部脊柱管狭窄症についてお話しします。

 

腰部脊柱管狭窄症とは、背骨のすぐ後ろを通る脊髄神経の通り道である脊柱管が狭くなり脊髄神経を圧迫することで発症する傷病です。

 

主に腰痛、足のしびれ、下肢筋力低下、麻痺などの症状が出ます。

 

その中でも特徴的な症状として、長い距離(重症の方は短い距離)を歩くと次第に両下肢が痺れてきたり痛くなったりして、座って少しの間休むとまた歩けるようになるというような症状がある時は腰部脊柱管狭窄症の可能性が高まります。

 

そんな腰部脊柱管狭窄症は病院や接骨院、整体院などでもなかなか症状改善が難しい傷病です。

 

その理由として原因の一つがトンネル状になっている脊柱管の内側の靭帯の肥厚により神経を圧迫しているので構造自体に問題があり解決するには手術により骨を削り脊柱管を広げるしか方法が無いからです。

 

ただし、すべての原因が脊柱管の靭帯肥厚だけではなく、背骨を支える筋肉のバランス不均衡や骨盤の歪みなどの要因も関わるので背骨を支えている筋肉のバランスを調整し背骨の並びを整え、脊柱管の神経の通り道を最大限に確保し、骨盤などの歪みも整えると症状が改善する方も沢山います。

 

先日来院された患者さまは、2年前に腰部脊柱管狭窄症を発症し50メートル歩くだけで足が痺れて歩けなくなる状態でした。

 

病院で6ヶ月間リハビリを続けたけど症状が変わらず、接骨院や整体院を転々としていたようです。

 

当院で背骨周囲の筋バランスを整え、それ以外にも骨盤や上半身のバランスを調整したところ、翌日には「昨日治療を受けた後は症状がほとんど出ていない」との事でした。

 

このように、なかなか改善しにくい腰部脊柱管狭窄症でも改善する例はたくさんあります。

 

どこに行っても良くならない腰部脊柱管狭窄症でお困りでしたら当院にご相談ください。

 

当院オススメの骨格・骨盤矯正法で今までに経験したことのないような身体の変化を実感出来ると思います。