産後の骨格・骨盤矯正の重要性

東海村、那珂市、日立市、ひたちなか市、常陸太田市からも通院しやすい

ますやま整骨院 院長の増山です。

 

今日は産後の身体のメンテナンスの重要性についてお話しします。

 

妊娠・出産をするとホルモンの関係から骨と骨とをつないでいる靭帯がゆるみ、炎症反応を抑える働きも弱まる為、身体の耐久性が低下します。

 

そんな中、育児生活に追われ自分の身体は後回しになっている女性の方が多くいますが、身体の骨格バランスが不安定な状態で家事・育児などで大きい負荷をかけると大きな歪みが身体の痛みとなって表れます。

 

更に、「少しの痛みなら・・・」と我慢し放置し続けると、年齢を重ねた時に更年期障害が強く現れます。

 

産後から少し時間が経っていても気づいた時に身体のバランスをチェックし整えておきましょう。

 

よく「骨盤矯正をしてもらいたい!」と産後の患者さまが来ますが、産後歪んでいるのは骨盤だけではないんです。

 

妊娠・出産時に体内で分泌されるホルモンは骨盤をつなぐ靭帯だけでなく身体全体に働きかけます。

 

ですから、骨盤だけでなく身体全体のバランスが崩れやすくなるんです。

 

また、身体が柔らかい人は要注意なんです!

 

身体が柔らかい=靭帯が緩い。

 

もともと靭帯が緩いのに更に妊娠・出産で靭帯が緩むわけですから骨格バランスはガタガタです(^^;)

 

身体が柔らかいから大丈夫なんて思わないでください。

 

むしろ身体が固い方の方が歪みは出にくいんです(^^♪

 

とは言え、身体が柔らかい人もご安心ください。

ちゃんと解決策はあります!

 

関節の動きを守っているのは主に靭帯筋肉です。

 

靭帯が緩んでも、もう一つの筋肉が守りを高めることで骨格の歪みを抑えてくれます。

 

当院の骨格・骨盤矯正法では緊張した筋肉を緩めるだけでなく、機能の低下した筋肉出力を高めて身体全体のバランスをとります。

 

産後、身体のバランスが気になる方は是非当院オススメの骨格・骨盤矯正法を受けてみてください。

 

時間が経過してしまった方でも大丈夫ですのでお気軽にご相談ください。