喉の炎症から誘発された肩の痛み。

東海村、那珂市、日立市、ひたちなか市、常陸太田市からも通院しやすい

ますやま整骨院 院長の増山です。

 

今日は、風邪による喉の痛みから誘発された肩の痛みについてお話しします。

 

風邪と肩の痛みが関係するの???と思われるかもしれませんが、

 

実は、結構関係するんです(^^;)

 

今回の患者さまは風邪で喉が痛くなり、その後徐々に右肩コリ感が強くなってきたとのことでした。

 

人は身体の中で炎症反応が起こると、筋力が一時的に低下します。

 

今回の方も風邪をひいて喉に炎症反応が出て首周囲の筋力バランスが崩れ、無意識のうちに痛みから逃避するような姿勢をとり痛みが発症したものでした。

 

他にもよくあるのは、風邪をひいて咳が続くと胸周りの筋肉が過剰に使われ、それによりバランスが崩れ、肩や腰が痛くなり来院される患者さまもいます。

 

こういった場合でも、根本は風邪なので風邪を治すのが大事なのですが、それプラス身体のバランスを取り戻しておくとより症状の改善が加速します。

 

喉の痛みから誘発された肩の痛みの患者さまも身体のバランスを整えたら、肩の痛みは消失しスッキリされて帰られました。

 

もし、病気を患い肩や腰に痛みが出た場合でも当院にご相談ください。

 

当院の骨格・骨盤矯正法なら、あなたの辛い症状を改善させることができるかもしれません。