東海村、那珂市、日立市、ひたちなか市、常陸太田市で野球肩でお困りでしたら「ますやま整骨院」にお任せください!!

東海村、那珂市、日立市、ひたちなか市、常陸太田市からも通院しやすい

ますやま整骨院 院長の増山です。

 

今日は野球をやっている人の多くが悩まされる肩の痛みについて。

 

通称「野球肩」と呼ばれますが、損傷箇所によって棘上筋炎や上腕二頭筋腱炎など傷病名が違います。

 

他にも棘下筋や大円筋、小円筋などの肩周囲には筋肉があり、どの筋肉が損傷しているかで痛む場所や投球動作で痛みの出るタイミングが変わってきます。

 

もちろん、それぞれの損傷個所が違えば、治療箇所も変わってきます。

 

他にも生活環境や本人の身体のバランスによって原因は多岐にわたり治療法も1人1人違うんです。

 

当院では痛みの有る部分も確認しますが、他の身体のバランスもチェックしています。

 

肩が痛いと肩だけにとらわれてしまいがちですが、投球動作は全身運動です。

 

痛みのある方の一つ一つの動きをチェックしていくと投球動作を阻害する因子が潜んでいます。

 

当院では、身体全体のバランスをチェックし投球動作を阻害する因子を探し出し、治療する骨格・骨盤矯正法で対応します。

 

そうすることで短期間のうちに症状が改善します。

 

昨日来院した野球肩の小学生は、座って軽く素振りするだけでも痛むとのことでしたが、治療後には痛みはゼロ。

 

原因箇所は2か所で足と肩でした。

 

本人と付き添いの親には、原因が肩だけでなく足も関わっていることも理解していただく為に、肩には触らず足だけ治療して痛みの動作チェックをしました。

 

足だけの治療でも症状が半分以下に軽減し、本人と付き添いの母親は驚いた様子でしたが、ご理解いただけたようでした。

 

野球は痛いのを我慢しながら無理して競技を続けると、身体を壊してしまい痛みをかばう動きが癖付きパフォーマンス低下を招くか、選手生命が絶たれます。

 

早めの判断、治療が早期回復に重要になるので、お早めにご相談ください。

 

時間が経ったものでも治る事が多いのであきらめず当院オススメの骨格・骨盤矯正法を受けてみてください。

 

今までに経験したことのないような身体の変化を実感出来ると思います。