手首・指の腱鞘炎の改善方法

こんな事でお困りではありませんか?

  • 朝、手がこわばる。
  • 手首が痛くてペットボトルの蓋が開けられない。
  • 指の第一関節が腫れて痛い。
  • 強く物を握れない。
  • 手首が痛くてフライパンも持てない。

 

その症状「腱鞘炎」かもしれません!

辛い腱鞘炎なら、ますやま整骨院にお任せください!!

腱鞘炎の原因は?

腱鞘炎の原因はいくつかの要因が重なり発症します。

 

一つは、手・指の使い過ぎ。

毎日、長時間パソコンのキーボードを打ち続けたり、庭木の剪定作業でハサミを繰り返し握り続けたりすると手首や指を通過する筋肉の腱が摩擦刺激で傷がつき発症します。

 

二つ目は指や手、前腕、上腕、肩周りの筋肉のバランスの不均衡です。

肩から手にかけての筋肉バランスが悪いと、手を使う時に筋出力が低下してしまい、低下した筋出力を補おうと周囲筋肉が過剰に働き、その結果、手首や指の腱の摩擦が強くなり発症します。

 

三つ目は、ホルモンバランスの不均衡によるものです。

女性ホルモンの「エストロゲン」には腱鞘の炎症を修復する働きがあります。

この「エストロゲン」が低下する妊娠期、出産後、更年期、乳がん治療中には炎症修復能力が低下するので発症率が高まります。

 

これらの3つの要因が一つでも大きく作用すれば発症しますし、いくつか重複して発症する場合もあります。

腱鞘炎の治し方

よく病院や治療院などに行っても腱鞘炎が良くならないと嘆いている方がいますが、あきらめないでください!

腱鞘炎を治すには上記の原因を解消すれば治るのですが、病院では「手を使わず安静にしてください」か「湿布で様子をみてください」といった治療内容になるので症状改善率が非常に良くないです。

 

当院では、ホルモンバラン改善の生活指導や日常生活での手の使い方の注意点を指導します。

更に筋バランスを安定させ日々の負荷に対する抵抗力を高めていきます。

 

なので手を使わずにはいられない方でも、症状が早期に改善していきます。

 

当院の治療を受けに医師や理学療法士、看護師の方など医療関係者からも信頼され来院されています。

 

もし、病院や接骨院、整体院など、どこに行っても良くならない腱鞘炎の痛みでお困りでしたら「ますやま整骨院」にご相談ください。

 

当院おすすめの骨格・骨盤矯正法で今までに経験したことのないような身体の変化を実感出来ると思います。