病院もお手上げの坐骨神経痛を改善させるには!?

東海村、那珂市、日立市、ひたちなか市、常陸太田市からも通院しやすい

ますやま整骨院 院長の増山です。

 

今日は、坐骨神経痛についてお話しします。

 

坐骨神経痛は臀部から太もも裏側、ふくらはぎ周辺に痛みや痺れが出るものを言います。

 

原因には、ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、梨状筋症候群など様々なものがありますが多くの場合、筋肉のバランスの不均衡から発症し、本当にヘルニアや狭窄症などの骨、軟骨が原因となる場合は少ないです。

 

事実、当院に来院される坐骨神経痛の患者さまが病院でヘルニアと診断されていても、当院の骨格・骨盤矯正法で身体のバランスを整えると劇的に症状が改善される事も多いです。

 

もちろん症状が酷い場合や画像診断などの検査をしないと不安な方は、一度病院で医師に診てもらった方がいいでしょう。

 

病院での治療で症状が改善しない方は是非当院の治療を受けてみてください。

 

先日来院された患者さまは、帯状疱疹が出た後から坐骨神経痛症状が出始め、何ヶ月間も病院と近所の接骨院に行っても改善されず困り果てて当院に来ました。

 

そんな病院や接骨院でお手上げ状態の坐骨神経痛も当院の骨格・骨盤矯正法なら、1回目の治療後から症状の改善が感じられ、当人も何ヶ月も変わらなかった症状がたった1回目の治療から変化したので驚いているようでした。

 

もし、あなたも頑固な坐骨神経痛でお困りでしたら「ますやま整骨院」にご相談ください。

 

当院オススメの骨格・骨盤矯正法で今までに経験したことのないような身体の変化を実感出来ると思います。