産後の腰痛、膝の痛みの原因は?

東海村、那珂市、日立市、ひたちなか市、常陸太田市からも通院しやすい

ますやま整骨院 院長の増山です。

 

産後の身体の不調についてお話しします。

 

妊娠、出産は身体に大きな変化とともに負荷がかかり、色々な症状を発症しやすくなります。

 

体質によってその差はありますが、多くの方が産後の不安定な身体で痛いところがあっても無理して育児をしている状態かと思います。

 

産後によくみられるのは「腰痛」と「膝の痛み」です。

 

夜寝がえりをうつだけでも腰が痛む、、とか床から立ち上がる時に膝が痛い、、、などと来院時の問診ではよくお聞きします。

 

最近は骨盤の歪みが体調を悪くするという考えが広まってきているせいか、骨盤の歪みを気にされている方が非常に多いです。

 

もちろん骨盤は身体の中心部なのでとても重要です。

 

ですが、当院では骨盤だけが問題なのではなく、身体全体の歪みが大事です!!という事を来院されている患者さまにはお伝えさせて頂いています。

 

腰や膝などの痛みを出す原因を探していくと多くの場合、骨盤だけではなく他の部分にも歪みが生じています。

 

そんな患者さまは骨盤だけの治療では症状が改善されません。

 

患者さまには何故、産後骨盤だけでなく身体全体に歪みが生じやすくなるのか、痛みが出ているのかを詳しく説明します。

 

それを理解したうえで治療を受けてもらいます。

 

身体全体のバランスが崩れる大きな原因の一つが「リラキシン」と呼ばれるホルモンの働きが関わっています。

 

リラキシンは妊娠時に体の中で産生されだすものですが、出産に向け骨盤をつなぎ合わせている靭帯を緩める(産道を広げる)働きがあります。

 

でも、その働きが骨盤だけでなく他の関節靭帯にも影響してしまいます。

 

すると骨盤はもちろん、肩や膝、手首などありとあらゆる関節の靭帯が緩み安定性が欠如してしまいます。

 

そこに育児による大きい負担がのしかかると腰や膝、手首など色々な部分にいつも以上の支える力が必要になり、過剰に筋肉で支え疲れ、それが痛みの原因となっていきます。

 

ですから骨盤だけではダメなんです。

 

当院では身体全体のバランスをチェックし、不可に耐えられなくなっている部分を探し出し、耐えられる状態に関節の動きや筋肉等を調整していきます。

 

それにより、リラキシンの効果が消失するまで、育児での負担が減る時期が来るまで耐えられる身体を作っていきます。

 

そうすることで日々の育児生活にも耐えられる身体ができ自然と痛みが無くなります。

 

産後戻りにくいウエスト周りの改善も手伝ってくれます。

 

もし、産後の腰痛や膝の痛みでお困りでしたら「ますやま整骨院」にご相談ください。

 

当院の骨格・骨盤矯正法で今までに経験したことのないような身体の変化を実感出来ると思います。