ばね指・腱鞘炎にはこれが効く!!

こんな事でお困りではありませんか?

  • 指を曲げるとカクッとした引っ掛かり感とともに指が伸びなくなる。
  • 痛くて強く物を握れない。
  • フライパンを持つと手首が痛い。
  • 雑巾絞りが痛くて出来ない。
  • ペットボトルの蓋を開けようとすると痛い。
  • 病院や接骨院に行ったがなかなか良くならない。

 

そのお悩み「ますやま整骨院」にお任せください!!

ばね指・腱鞘炎の原因は?

ばね指とは、手の指を曲げようとすると、指に途中で引っ掛かり感が出たり、さらに曲げようとすると痛みとともにカクッと曲がったまま伸びなくなる症状をだす腱鞘炎の一つです。

40~60歳代の女性に多く、手を沢山使う方に多くみられます。

発症する仕組みは指を曲げる腱が手の指部分ではトンネル状の組織の中を通っています。

手に大きな負荷が繰り返される事で、腱が腫れ上がり、トンネル状組織を通過できなくなります。

それにより指が曲がらなくなったり、無理に曲げようとするとトンネル状組織を通過した際に痛みとともに曲がった状態から戻らなくなってしまいます。

 

他にも、手首の部分で発症する腱鞘炎が多くみられます。

手首の腱鞘炎も手首の部分を通過する手指の腱が摩擦刺激により炎症、腫れがおこり痛みを出します。

ばね指と同じく40~60歳代の女性に多くホルモンバランスも関与していると言われています。

 

そんな、ばね指・手首の腱鞘炎の病院の治療は、、、「手を使わず安静にしてください」と「お薬」。。。

ほとんどの場合、治療は長期戦となります。

 

接骨院でも大体の場合「安静」と「固定」。

私も昔は同じような手法で治る時期が来るのを待つという感じでした。

 

このような従来の治療法の場合、完治するまでに気の遠くなるような時間がかかっていました。

ここが違う!ますやま整骨院の治療法!!!

そんな辛いばね指・腱鞘炎、、、

実は最新の治療手技で大幅に治る期間が短縮できるんです!!

 

今までは「安静」が絶対でしたが、当院では筋肉をほぐすだけではなく、積極的にある部分の筋肉を使ってもらいます!!

 

これにより、上手く機能していない筋肉が働きだし、余計な筋肉の緊張が無くなることで短期間のうちに症状が改善していくようになります。

 

「できるだけ早く治したい!!」と言う方は是非、当院の骨格・骨盤矯正法をお試しください。

 

今までに経験したことのないような身体の変化を実感出来ると思います。