野球肘が治らずお困りでしたら「ますやま整骨院」にお任せください!!

東海村、那珂市、日立市、ひたちなか市、常陸太田市からも通院しやすい

ますやま整骨院 院長の増山です。

 

野球をやっていると小学生や中学生の頃から肘の痛みに悩まされているお子さんが沢山います。

 

子供は肘が痛い事を監督が知ると「レギュラーから外されてしまう」という恐怖心から言い出せず我慢してしまう場合があります。

 

そんな時、大事なのは目の前の「レギュラー入り」より「今後の長い競技生活」だと思います。

 

子供の骨は成長段階で骨の高度や関節の構造が完成されていません。

 

そんな中、痛みを我慢しながらボールを投げ続けていると関節の構造が変形し、将来の競技活動に影響を及ぼします。

 

親は子供の肘や肩の状態をこまめに見たり本人に聞いたりしながら健康状態を確認しておくべきでしょう。

 

もし、肘の痛みで病院に行ったけど「湿布と安静指導だけで良くならない」「いつまでも練習を休んでいられない!」という方は当院の骨格・骨盤矯正法を受けてみてください。

 

当院の骨格・骨盤矯正法はプロ野球選手などにも提供されている治療法で、痛いところをマッサージするような一般的な治療とは違い、本当の原因を身体全体から探し出しバランス調整していきます。

 

東海村の野球少年はもちろん甲子園常連校の選手なども遠路はるばる来院されます。

 

先月来院された中学生は病院で「肘の軟骨損傷」と診断され2ヶ月もボールを投げられず・・・それでも痛みでボールが投げられない状態でした。

 

1回目の治療では肘を捻ると痛かった痛みが即座に無くなり。

 

3回目の治療時には普通にキャッチボールが出来る状態まで回復!!

 

5回目には全力投球でも痛み無く完治しました。

 

このように他院では治らないような痛みでも軟骨損傷と診断されていても、すぐに治ってしまう場合が多々あります。

 

もし、どこに行っても良くならない野球肘の痛みでお困りでしたら「ますやま整骨院」にご相談ください。

 

当院のオススメの骨格・骨盤矯正法で今までに経験したことのないような身体の変化を実感出来ると思います。