足底筋膜炎(足裏の痛み)の痛みの秘密!!

東海村、那珂市、日立市、ひたちなか市、常陸太田市からも通院しやすい

ますやま整骨院 院長の増山です。

 

本日は「足底筋膜炎」についてお話しします。

 

足底筋膜炎とは足裏の筋肉の膜が緊張、損傷、炎症などにより痛みが出る傷病です。

 

陸上競技やサッカーなど走る事の多い方によくみられます。

 

足の裏の足底筋膜は土踏まずのアーチを作り、走る・歩くなどの地面からの突き上げ衝撃を緩衝させる働きがあります。

 

繰り返しの衝撃に耐えられなくなると「足底筋膜炎」を発症する仕組みです。

 

それでは痛みを出している足裏をマッサージしたり、電気をかけたりすると症状が良くなるのか?

 

実は足裏を治療しても多少の痛みは軽減するかもしれませんが、完全に良くなるには長期間かかるか、痛みを繰り返し完治しないことがほとんどです。

 

その理由は、足裏だけに原因があるわけではないからです!

 

昨日、来院された陸上部の学生さんの足底筋膜炎は上半身の問題を治療すると痛みが無くなりました。

 

腕の振りが気がつかないうちに小さくなり、その動きをカバーしようと足に負荷が大きくなってしまい発症したようです。

 

外反母趾や有痛性外脛骨なんかも同じように足以外の部分が原因で症状を悪化させている場合があります。

 

人間は一人一人体重、身長、性別、利き手、利き脚、生活環境、クセなど誰一人として同じではありません。

 

なので同じ場所が痛むとしても原因箇所は一人一人違います。

 

当院では身体全体のバランスをチェックし、本当の原因を見つけだします。

 

本当の原因にアプローチするので症状改善が圧倒的に早いです。

 

もし、病院や接骨院、整体院、鍼治療などでも症状がなかなか改善せずお困りでしたら「ますやま整骨院」にご相談ください。

 

当院オススメの骨格・骨盤矯正法で今までに経験したことのないような身体の変化を実感出来ると思います。