手首の腱鞘炎が長期化する理由。

東海村、那珂市、日立市、ひたちなか市、常陸太田市からも通院しやすい

ますやま整骨院 院長の増山です。

 

本日は、手首の腱鞘炎について。

 

病院や接骨院で治療しているけどなかなか良くならない手首の腱鞘炎。

 

なんで症状が長期化するのかお答えします。

 

簡単に言うと「治療法が適切でない」からです。

 

病院だと湿布での対処でしょうか。

接骨院だと電気をかけたり温めたり、マッサージしてもらったりでしょうか。。。

 

痛い部分だけにフォーカスした治療法がほとんどだと思いますが、当院では身体全体のバランスをチェックし、なぜ腱鞘炎が発症したのか、どのような機序で起きたのかを診察し、治療していきます。

 

なので手首に限らず、問題がある部分は治療します。

 

腱鞘炎だから、この筋肉をマッサージする的な枠にはまった治療はしません。

 

ひとりひとり治療法は違います。

 

だって、年齢や性別、筋肉量、柔軟性、生活環境、仕事環境、クセなどひとりひとり違うから、腱鞘炎の発症機序はみんな違うでしょ?

 

もし、今の治療で症状の改善に納得いかない場合は是非当院にご相談ください。

 

当院オススメの骨格・骨盤矯正法で今までに経験したことのないような身体の変化を実感出来ると思います。