肉離れの痛みを通常の半分の期間で治す方法。

東海村、那珂市、日立市、ひたちなか市、常陸太田市からも通院しやすい

ますやま整骨院 院長の増山です。

 

ゴールデンウィーク序盤から「ふくらはぎの肉離れ」で来院された患者様がいました。

 

2日後には旅行も控えていて「どうにかして欲しい」と足をひきずりながら相談に来ました。

 

診察してみると腓腹筋の部分断裂で、「包帯固定+安静+電気治療」で全治4~5週間でしょう。。。

 

内訳は、痛みが無くなるのに2週間、そこから突っ張り感や違和感がなくなり軽い運動が出来るようになるのがプラス2週間、リハビリしながら運動強度を上げて完治するのにプラス1週間です。

 

合間にマッサージや可動域訓練などの一般的なリハビリを入れれば1週間ほど短縮できるかもしれません。

 

ですが、、、当院では2週間で完治させます。

 

2日後の旅行は何とか行ける状態にしましょう!!

 

結果、2回目の治療後に旅行へ行き歩き回っていました(^^;)

 

3回治療を受けた現時点で内出血と浮腫み感が多少残りますが、本人は「もう普通に大丈夫」と言ってます。

 

ただし、筋肉の傷が完全に修復されるのはもう少し時間がかかる(あと1週間)ので本人には注意するように指導しました。

 

もし、大事な部活の大会直前にケガをしてしまった場合はお気軽にご相談ください。

 

当院の骨格・骨盤矯正法で今までに経験したことのないような身体の変化を実感出来ると思います。