側弯症があると出やすい首・肩・腰の痛み。

東海村、那珂市、日立市、ひたちなか市、常陸太田市からも通院しやすい

ますやま整骨院 院長の増山です。

 

正面から見た時の背骨が左右に歪んだ状態を「側弯症」といいます。

 

正確には湾曲している角度がある一定の数値を超えると診断されます。

 

そのため軽度な側弯だと病院のレントゲン撮影しても指摘されることも少なく、当院で指摘され初めて自分が背骨の側弯がある事に気付く方もいます。

 

この側弯症、背骨が歪んでいるからすべての側弯症の方に首・肩・腰の痛みがあるかというと、そうではありません。

 

筋肉のバランスが整っていれば症状は出ません。

 

ただし、骨の形状が変化し、湾曲が作られているということは、側弯症が無い方に比べて筋バランスが崩れやすく痛みを発症しやすくなります。

 

筋バランスの悪い状態を放置しておくと側弯が進行してしまう場合もあります。

 

当院の骨格・骨盤矯正法なら筋肉のバランスを整えることで症状はもちろん、側弯も軽減されます。

 

もし、側弯症で首・肩・腰の痛みでお困りでしたら当院にご相談ください。

 

もちろん、痛みが無く側弯症自体を改善させたい方もご相談ください。

 

当院1番人気の骨格・骨盤矯正法がお役に立てると思います。