捻挫でも即座に改善!!大会前の急な怪我は「ますやま整骨院」にお任せください!

東海村、那珂市、日立市、常陸太田市、ひたちなか市からも通院しやすい

ますやま整骨院 院長の増山です。

 

運動をしている方なら経験した事が多いと思いますが、「捻挫」についてお話しします。

 

「捻挫」とは関節部分で骨と骨をつないでいる靭帯や筋肉などの組織が伸ばされ傷ついた状態の事を表していますが、病院や接骨院などでは通常ですと湿布や包帯固定という手法で患部の安静を保ち、内部の傷が修復されるのを待つ形をとることがほとんどです。

 

個人差はありますが、中等度の損傷度合いの捻挫で2週間から4週間ぐらいで完治となります。

 

初めの1週間は運動はもちろん日常生活での動きでも痛みで制限され、2週間目で日常生活での痛みが消えはじめ、3~4週間目で少しずつ運動が出来るようになるような経過をたどる例が多いですね。

 

これは、先にあげた「一般的な湿布や包帯固定、電気治療などの場合」です。

 

当院では、骨格・骨盤矯正法という特殊な調整法により一般的な方法の半分以下の期間で治します。

 

中等度の捻挫の場合でも1週間で競技復帰出来ることが多いです。

 

現に来院当初、松葉杖だったのが1週間後のバスケットボールの大会に出場したり、受傷後5日後のサッカー大会に出場したりするケースもあります。

 

もちろん、包帯固定、テーピング固定なども行っております。

 

もし、大会前の捻挫でお困りでしたら当院1番人気の骨格・骨盤矯正法をお試しください。

 

今までに経験したことのないような身体の変化を感じる事ができますよ。