「肘や前腕の痛みは治りにくい」はウソ!?

東海村、那珂市、日立市、ひたちなか市、常陸太田市からも通院しやすい

ますやま整骨院 院長の増山です。

 

テニスやゴルフなどをやっている方に多くみられる肘や前腕の痛み。

家事でたくさん手を使う主婦、ピアノをやっている方にもよくみられますね。

 

手は日常生活の中で何気なく使っている部分なので、非常に制限をかけるのが難しいですよね。

利き手側が痛いと尚更。

 

そんな肘や前腕の痛み。

病院や接骨院では「テニス肘」「ゴルフ肘」などと簡単な名前で説明されることもありますが、正式には「外側上顆炎」「内側上顆炎」という傷病です。

 

他にも肘や前腕部分の痛み、痺れなどを発症する筋肉の損傷や緊張など色々あります。

 

基本的に病院では、できるだけ手を使わないようにすることと、湿布などのお薬による対処となるでしょう。

 

丁寧な先生だと使用制限する際の手の使い方などを説明してくれる先生もいます。

 

電気による治療やマッサージなども多少効果を出すでしょう。

 

それでも症状改善せず症状が長期化し、半ばあきらめてしまう方も多いようです。

 

当院にも病院や他の接骨院、整体院などで治療を受けたが良くならず、来院される方が多くいます。

 

なぜ、なかなか良くならないか?

 

それは、本当の原因に対しての治療をしてもらえていないからです。

 

痛みの感じる、肘や前腕部分だけの治療ではありませんか?

 

当院では、本当の原因が腕だけでなく、他の部分にもないか全体のバランスをチェックしています。

 

先日、来院された患者さまは、8~9割は肘から手の問題、残りは下半身の問題でした。

 

中には、下半身の問題が原因で股関節周りを調整して痛みが消失したケースもあります。

 

人それぞれ原因はさまざまです。

 

もし、肘や前腕部の痛みや痺れがとれずお困りでしたら当院の骨格・骨盤矯正法を受けてみてください!

 

今までに経験したことのないような身体の変化を実感出来ると思います。