産後の腰痛、骨盤の歪みが気になる方は「ますやま整骨院」にご相談ください。

東海村、那珂市、日立市、ひたちなか市、常陸太田市からも通院しやすい

ますやま整骨院 院長の増山です。

 

出産後、今までにない腰痛が出てきたり、足の付け根が痛くなったりしたことはありませんか?

 

それは、妊娠出産の時に体内のホルモンの関係で骨盤が不安定になるからなんです!!

 

妊娠してから出産するまでの間、赤ん坊を出来るだけ安全に分娩するため体内では産道を広げようと靭帯を緩めるホルモン「リラキシン」が生成されます。

 

「リラキシン」は骨盤をつないでいる靭帯を緩めるため産道を広げるのに重要なのですが、産後もホルモンの余韻で骨盤の不安定さは続きます。

 

分娩から3ヶ月位経過すると安定してくるのですが、育児などで大きな負荷が続くと腰痛や足の付け根が痛む(股関節痛)などの症状をだします。

 

産後も可能であれば骨盤ベルトなどを上手く利用しながら生活しましょう。

 

もし、それでも腰や足の付け根が痛む場合は、当院にご相談ください。

 

おそらくホルモンによる不安定さの残存とともに骨盤周辺の筋力低下があり症状を発症しているものと思われます。

 

骨盤が緩み広がったままでいると、慢性的に腰痛が出るようになったり、頻繁に足の付け根が痛むようになってしまします。

 

体重は妊娠前の数字になってもウエストからヒップまわりが妊娠前より大きくなってしまうこともあります。

 

そういった多くのトラブルを回避するためにも当院1番人気の骨格・骨盤矯正法で正しい骨盤の状態を取り戻しましょう。