赤ちゃんの肘の痛みは肘内障(肘関節の亜脱臼)かも!?

東海村、日立市、ひたちなか市、常陸太田市、那珂市からも通院しやすい

ますやま整骨院 院長の増山です。

 

もし、あなたの赤ちゃんが急に泣きだし、手を使わなくなったら肘内障(肘関節の亜脱臼)のサインかも!?

 

乳児から幼児の間は身体の骨が未発達で凹凸の少ない状態です。

 

そんな骨に輪状の靭帯が肘関節には存在するのですが、親が軽く手を引っ張ったり、赤ちゃんが腕を下に寝返りをうったりするような、ちょっとした拍子に骨から靭帯が外れかかり、それと同時に子供は泣きだし、腕を使わなくなりだします。

 

大概、何が原因で子供が泣いているのか分からず、親は焦ります。

 

そんな時は、一度深呼吸をして冷静に泣き出す前の子供とその周りの状況を考え、この記事を思い出してください。

 

肘内障かも!?と思ったら、近くの病院や接骨院で外れかかった靭帯を元の位置に戻してもらいましょう。

 

病院だけでなく、接骨院でも整復操作は出来るのでご安心ください。

 

ただし、肘内障以外の傷病も考えられる場合は即座に病院を選択すべきでしょう。

 

接骨院では肘内障の治療はできても、それ以外の傷病に対して対応できない場合もあります。

 

ただ、何度目かの肘内障である程度冷静に判断できた場合は、待ち時間の少ない接骨院でもいいと思います。

 

あと、病院の診療時間外の時も接骨院でも応急処置ができることを覚えておいてください。

 

肘内障は繰り返しなる子もいれば、全くならない子もいます。

 

万が一に備えて、小さなお子様がいるご家庭では肘内障の事を、頭の片隅にとどめておいてくださいね。

 

「ますやま整骨院」では数多くの肘内障整復の経験があるので安心してご来院ください。