野球のバッティングで出る腰の痛みの原因。

東海村、那珂市、日立市、常陸太田市、ひたちなか市からも通院しやすい

ますやま整骨院 院長の増山です。

 

先日、野球のバッティングで腰が痛む患者さまが来院されました。

 

右打ちでバッドスウィングの最後振り切る時に左腰に痛みが出るらしく、かかりつけの病院では「バッティングホームの問題なんじゃないか」とリハビリの先生に説明されたようでした。

 

気を付けて欲しいのはバッティングホーム=形を治して問題を解決させようとすると痛みが取れない場合が多いんです。

 

では、どうすればいいのか???

 

答えは理想の形に近づくように働いていない筋肉を呼び起こし、余計な筋緊張を取り除くことです。

 

ここからは施術に入ります。

 

まずは、一通り身体のバランスをチェック。

 

足と左股関節の筋肉に問題があったので、早速調整。

 

調整後は素振りをしても痛み無く出来るようになりました。

 

痛みゼロです。

 

左足の踏ん張りが効かず、左膝が開いた状態でスウィングする形になってしまい腰の痛みにつながっていたようですね。

 

他にも首の痛みもあったのですが、足と股関節の調整後は首の痛みも消えていました。

 

野球をやっていて肩や腰、膝の痛みでお困りでしたら当院にお任せください!!

 

どこに行っても良くならない症状の方でも早期に改善する場合がほとんどです。

 

当院おすすめの骨格・骨盤矯正で、あなたの辛い症状を改善させます。