腰部脊柱管狭窄症

原因

腰部脊柱管狭窄症とは、加齢など様々な原因で骨・関節・椎間板・靭帯などが肥厚し、神経が通る管(脊柱管)が狭くなることにより神経を圧迫し、血行を阻害することにより症状が出る病気です。

腰椎椎間板ヘルニアと同様に坐骨神経痛起こす病気の一つでもあります。

腰部脊柱管狭窄症の大きな特徴として、腰や下肢への痛みやしびれのほかに『間欠性跛行』というものがあります。

数十メートル(重症の場合は数歩メートルの場合も)歩いただけで辛くなり、前かがみになって休まなければならなくなるというものです。

手術をしたくないあなたへ

当治療院にお越しの患者さまは、腰部脊柱管狭窄症でお悩みの方が数多く来院されます。

 

その患者さまにお話を伺うと、

  手術をしたけど痛みやしびれが消えない!」
  
  手術をして少し良くなったが、また元に戻ってしまった!」

  「リハビリも大変だし手術はどうしてもしたくない!」

との答えが返ってきます。

 

やはり、手術をせずに腰部脊柱管狭窄症の症状を改善してゆくのが理想ですし、一番良いことですよね!

 

湿布や飲み薬でも痛みやしびれがとれず、手術をしようか悩んでいたら一度ご相談ください!

腰部脊柱管狭窄症でお悩みなら「ますやま整骨院」にお任せください!!

☎ 029-219-4243