腰椎分離症・すべり症

分類と原因

腰椎分離症:個々の背骨を繋げている部分が分離してしまう状態。

腰椎分離すべり症:個々の背骨を繋げている部分が分離して腰椎が前方にずれたもの。

腰椎変性すべり症:背骨の分離はなく腰椎が前方にずれたもの。

 

腰椎分離症は成長期の激しいスポーツをしている方に多く、腰をひねったり、反らしたりする動作により、疲労骨折を起こすことで起こります。        

更に分離したことで椎骨が前方にズレてしまい、背骨が自然な曲線を描く事ができなくなる状態を腰椎分離すべり症といいます。

 

変性すべり症は中高年を中心に幅広い世代に多い症状です。
中高年に多い理由として、若い頃は筋肉や靭帯が健康で腰椎を支える力があるので問題ないのですが、加齢や姿勢などの生活習慣などにより、筋肉や靭帯など腰椎を支える力が衰えてしまうため起こります。

(下図参照)

 

なぜ今までの施術で腰椎分離症・すべり症が改善しないのか?

いままで湿布や飲み薬、腰のけん引、マッサージを受け続けてきて、なぜ症状が改善しないのか・・・

 

答えは簡単です。

 

本当の原因にアプローチする施術をしていないからです

 

当院では腰椎分離症・すべり症による症状を助長させている骨格のゆがみを調べ、そのゆがみをつくっている筋肉や関節の問題を探し出し、そこにアプローチします。

 

腰椎分離症・すべり症は原因が腰だけでないことが多く、場合によっては痛みが出ている部分とはかけ離れた場所を調整します。

 

腰椎分離症・すべり症でお悩みなら「ますやま整骨院」にお任せください!!

☎ 029-219-4243