ヘルニア・坐骨神経痛

整形外科で「ヘルニア・坐骨神経痛」と言われて通い続け、接骨院・整体にも行ってよくならず悩んでいるあなたへ

ヘルニアの原因

継続的な腰部への負荷が椎間板にストレスをかけ続けることにより、椎間板が傷つき内容物が外にはみ出てしまいます。

このはみ出た椎間板が、腰の神経を圧迫する事により痛みがおこります。

この状態が腰部ヘルニアです。

坐骨神経痛とは?

背骨から出た坐骨神経は、お尻を貫いて太ももの後面を下がり、ふくらはぎを通って足に分布します。この神経の通り道が痛むのが坐骨神経痛です。


坐骨神経痛を病名だと思っている方がいます。

しかし、これは「腹痛」等と同じように単なる症状名で、その原因としては腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰痛分離すべり症仙腸関節炎、梨状筋症候群、股関節疾患などさまざまです。 

 

ヘルニアにより圧迫されたところが坐骨神経だと坐骨神経痛が出現します、お尻の筋肉の問題だと梨状筋症候群と呼びます。

 

なぜ今までの施術でヘルニア・坐骨神経痛が改善しないのか?

いままで湿布や飲み薬、腰のけん引、マッサージを受け続けてきて、なぜ症状が改善しないのか・・・

 

答えは簡単です。

 

本当の原因にアプローチする施術をしていないからです

 

当院ではヘルニアや坐骨神経痛を引き起こしている骨格のゆがみを調べ、そのゆがみをつくっている筋肉や関節の問題を探し出し、そこにアプローチします。

 

ヘルニアや坐骨神経痛は原因が腰だけでないことが多く、場合によっては痛みが出ている部分とはかけ離れた場所を調整します。

 

当院の骨格・骨盤矯正法では本当の原因を探すため身体全体のバランスをチェックし調整していきます。

 

他の治療院とは全く異なる方法による調整法なので、今までに経験したことのないような身体の変化を実感出来ると思います。

ヘルニア・坐骨神経痛でお悩みなら「ますやま整骨院」にお任せください!!

☎ 029-219-4243